スポンサードリンク

キヨコmamaも購入♪美ボディサプリメント「プエラメイクリッチ」

プエラメイクリッチの購入後のレビュー記事一覧はこちら

キヨコmama購入オススメ!バストケアクリーム「ラシュシュ」

ラシュシュの購入後のレビュー記事一覧はこちら

バストアップに必要な乳腺の発達と2種類の女性ホルモンを知る。

女性ホルモン200

バストアップするには乳腺の発達と2種類の女性ホルモンを知っておく必要があると思います!バストアップにはしっかりとした土台となる基礎知識が必要です!


こんばんは!ゆっぴーです^^

今日は花金♪いかがお過ごしでしょうか??

今回は乳腺について以前から記事を書いておりましたが、
もう少し踏み込んで書いてみたいと思います♪

乳腺の基礎知識の過去記事

まず、バストは90%の脂肪と10%の乳腺組織から形成されていると
以前書きましたが、この10%の乳腺がなぜそんなに大切なのか?
こういう疑問が生まれてきますよね??

復習にはなりますが、乳腺組織が発達するとバストアップに
必要な「女性ホルモン」の分泌量に関わりが出てくるから
なんですね~♪

ここはまた繰り返しになりますがしっかり覚えておいて下さい!

そして今日はその「女性ホルモン」には一体どんな効果が
あるのか?ということにも言及していきたいと思います♪

始めに女性ホルモンには、

●主に卵胞から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」
●主に黄体から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」

この2種類があります。

女性ホルモン

エストロゲン
は、よく聞くと思いますが、
月経後の卵胞期に多く分泌されて
バストに必要な皮下脂肪
を増やす働きがあり、この作用で肌に
ハリと弾力が増えるという美肌効果の役割もあります。

次にプロゲステロン…
これはあまり聞かないかもしれませんが、
排卵~月経前に、多く分泌されるホルモンで
月経周期を決めて、妊娠や出産などに重要な
役目を果たすホルモンなんですね。

この女性ホルモン、肌の艶やハリを出してくれる
働きがあったり、肌に潤いも与えたりという反面…

皮脂量を増やしたり、メラニン生成を活発にし、
肌にシミが出来てしまったりするというような
悪い影響を及ぼしたりもします!

一見は「じゃあエストロゲンだけでいいじゃないか!」と
思いがちですが、先ほど述べたように
月経周期を決めて、妊娠や出産などに重要な
役目を果たすホルモンですし、ホルモンバランスというものが
ありますのでどちらも必要な女性ホルモンです!

そしてプロゲテロンの分泌が減ると、
女性ホルモンが乱れますので…。

ちなみに月経前のに肌荒れするのはこの
プロゲステロンの影響はあるんです!

「あっ…そういえば…」と思う方は今日覚えておいて下さい!

この二つの成分はバストアップクリームに入っていたりしますが、
やはり頼らなくても自然に分泌していけるのが体にとっては
とても自然ですよね♪

そのためには最初に戻りますが、
「乳腺の発達」
がとても大事ということですね♪

乳腺を刺激するマッサージ方法の過去記事

また、当ブログでレビュー、おススメしている教材、
「バストアップラボ」でもこの乳腺マッサージは
学べますのでぜひご参考までに♪

バストアップラボのレビューはこちら

乳腺と女性ホルモンについての知識、
ぜひ覚えておいて日々のバストアップライフにお役立て下さい(^^♪

この度も最後までご愛読ありがとうございました。

今回の記事が少しでもお役に立てましたら、こちらのブログランキングボタンを
押して頂ければ幸いです。

↓ポチッと応援お願いします!

ランキングボタンの応援クリックをありがとうございました。^^

★当ブログ人気レビュー教材ランキング★

スポンサードリンク

記事公開日:2013年10月4日
最終更新日:2016年4月27日

カテゴリー:バストの基礎知識

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ