スポンサードリンク

キヨコmamaも購入♪美ボディサプリメント「プエラメイクリッチ」

プエラメイクリッチの購入後のレビュー記事一覧はこちら

キヨコmama購入オススメ!バストケアクリーム「ラシュシュ」

ラシュシュの購入後のレビュー記事一覧はこちら

胸を大きくすることに関係のあるラクトゲン受容体とは?

女性ホルモンの受け皿

胸を大きくすることに関係のあるラクトゲン受容体というものがあります!なかなか聞き慣れない言葉ですよね?しかし胸を大きくしたいと思っている方は知っておいたほうがいいですよ!


こんばんは!ゆっぴーです(^^♪

今日は2回目のUPです!時間があるときにはやっておきます!

さて、日々胸を大きくするために教材などで実践されている方、
そしてまだこれから…という方、様々かと思いますが、
胸を大きくするには「女性ホルモン」の分泌が不可欠ですが、
ラクトゲン受容体という言葉は聞いたことがありますか?

「えっ!?何それ?なんか難しい言葉!」…確かにその通りです!

こういう言葉を聞くと、学生時代の化学の授業とか思い出しますね!

↓これは文部科学省…関係ないか。

a0002_000819

それはさておき…このラクトゲン受容体というのは一体なんなのか?
についてちょっとご説明しますね♪

ラクトゲン受容体とは一体何か?

このラクトゲン受容体というのは簡単に説明しますと、
成長期の女性に出来るもので、乳腺の中にこれが出来てきます!

これが出来ると胸の女性ホルモンの「受け皿」になる
効果があるんですね!

詳しく言うと…身体の内外からの刺激を受けた時にそれを情報として反応を
起こすように促す器官のことです!

ここでwikipediaから「受容体」について引用します!

受容体(じゅようたい、receptor)とは、生物の体にあって、
外界や体内からの何らかの刺激を受け取り、情報として
利用できるように変換する仕組みを持った構造のこと。
レセプターまたはリセプターともいう。

ここからもわかるようにようするに「受け皿」の役割を持ったもの。
ということですね!

成長期にいくら女性ホルモンが分泌してもその受け皿の準備がなければ
それはバストアップに繋がりません…。

またその出来る時期なんですが、12歳から18歳ぐらいの成長期に出来て
中には一生出来ないという方もいます。

また、このラクトゲン受容体は12歳~30歳の間ぐらいで成熟していきますので、
この期間にしっかりと女性ホルモンの分泌が促されれば胸を大きくする方法は
可能だということです!

成長期の12歳~18歳ぐらいで胸が急激に大きくなってくるのは
この辺りのメカニズムがあるからということです!

この時期はちょうど女性ホルモンの分泌がさかんな時期ですので
ラクトゲン受容体が出来ているとしっかり胸が大きくなってきます。

20代~30代でこのラクトゲン受容体が出来る方もいるので、この時期に
バストケアをしっかりした方は「私、胸が大きくなったよ!」と自慢げに
お話が出来る方であると思いますね(^^♪

ただ、注意点は…「女性全員に出来るものではない」ということです!

これは非常に残念なことですが、ない場合には100%とは言いませんが、
胸を大きくすることがかなり困難になることは間違いないですね。

また繰り返しにはなりますが、20代~30代で出来る方もいますので、
この年齢層の方で現時点で貧乳だからと言って
「あっ、私いろいろしたし効果もないし、多分ないだろうね!」
と決めつけるのはまだちょっと早いかもしれません!

ラクトゲン受容体の有無はどうやって見極めるの?

このラクトゲン受容体があるのかないのか?これをじゃあどうやって
見極めたらよいのか?ということですね!

これは単純に女性ホルモンの分泌を促すか、投与するによって
胸がどのような反応を出すか?というところを見るのが
良いと思います!

もしラクトゲン受容体がある、成熟している状態であれば胸に
変化を感じ始め、胸が大きくなっていく!ということが見られると思います♪

変化があまり見られない、または全然変わらない…という方はラクトゲン受容体が 作られていないか、もしくはまだ成熟していないか?ということです。

どうでしょうか~?ゆっぴーも実は結構最近になってこのラクトゲン受容体の
ことを学んだんですが、こいつは…

かなり重要な役割のあるやつですね!

本当、人間の体ってスゴイなぁ~!って思います!!

神秘的というか摩訶不思議というか…まぁ、これはバストアップだけに
限りませんせんけどね(笑)

…ということで有無を確かめるには女性ホルモンを投与するというのも
ありますが、お手軽なのはバストケアですね!

ここで注意してほしいことは、バストアップにいいから!という理由だけで
何もわからずに取組むのはやめましょう!

きちんと体の構造、内部の仕組みをわかって「目的性」をしっかりと持って
取組むことが大切です♪

それは今取組んでいることが一体胸にどのような影響を及ぼすのか?
知るということです。

ここでは女性ホルモンの分泌を促すことがラクトゲン受容体があるかどうかを
確かめるという意味でも説明していますので、どうかそれを忘れずに(^^♪

ということで無料でも購入した教材や本などでもなんでもいいですが、
取組むバストケアがちゃんと女性ホルモンの分泌を促すものであるかどうか?
というチェックは外さないで下さい!

以上、今回はラクトゲン受容体について書いてきましたが、
このラクトゲン受容体は現在人工的に作り出すことは不可能とされていますので、
自分は持っているかどうか?成熟前か?という2択で
結果をぜひ見られてみて下さいね♪

この度も最後までご愛読ありがとうございました。

今回の記事が少しでもお役に立てましたら、こちらのブログランキングボタンを
押して頂ければ幸いです。

↓ポチッと応援お願いします!

ランキングボタンの応援クリックをありがとうございました。^^

★当ブログ人気レビュー教材ランキング★

スポンサードリンク

記事公開日:2013年11月18日
最終更新日:2016年4月27日

カテゴリー:バストの基礎知識

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ