スポンサードリンク

キヨコmamaも購入♪美ボディサプリメント「プエラメイクリッチ」

プエラメイクリッチの購入後のレビュー記事一覧はこちら

キヨコmama購入オススメ!バストケアクリーム「ラシュシュ」

ラシュシュの購入後のレビュー記事一覧はこちら

バストアップにレッドクローバー?その効能と副作用は?

バストアップにレッドクローバ?効能と副作用は?

皆さん、レッドクローバーはご存知ですかー?もう既にご存知の方も多いと思いますが、今回はそのレッドクローバーの効能と副作用について書いてみたいと思います!


こんにちはー!キヨコmamaです(^O^)

ちょっと久しぶりの更新になります!

気候的にも日本全国を見ると日中はもう夏?と思うぐらいの
暑い日もあったりしていますので、そろそろ熱中症などにも気をつけないと
いけない…そんな季節になってきましたね(^^ゞ

さて、今回はバストアップにも良い!とされている「レッドクローバー」の
効能と副作用について書いてみたいと思います(´∀`)

まず、ご存知でない方のために「レッドクローバー」とはなんぞや?ということで
ご説明しますね♪

レッドクローバーとは何か?

レッドクローバー…これは、ヨーロッパ、西アジアや
北西アフリカを原産とする「ハーブの一種」なんですねヽ(*´∀`)ノ

また、マメ科シャジクソウ属という名の植物でもあり、ムラサキツメクサや
アカツメクサという和名でも知られているものです♪

そしてレッドクローバーの大きさなんですが、レッドクローバーの茎の高さは
約30~60cm程あって、茎の先に約30~100個の小さな花を咲かせるんです!

花の色が濃い赤紫色をしているので「レッドクローバー」と名付けられた…というわけです!

レッドクローバーの葉は3片に分かれていて、表面に白い斑状の模様がみられます♪

歴史を辿ると中世のイギリスでは、レッドクローバーの3片の葉はそれぞれ
「神」「キリスト」「精霊」の三位一体と関連付けられていました。

ほーっ!ヽ(*´∀`)ノそんな意味の深さもあったのかー?とキヨコmamaもビックリ☆彡

特徴としてレッドクローバーは低温でも発芽するという性質があって、
種まきは早春に行って、初夏から夏にかけて開花しますので、それから収穫が行われます♪

レッドクローバーの効能は?

レッドクローバーは解毒ハーブで、呼吸器強壮剤の一つでもあります!

特に咳や風邪、気管支炎などの慢性的な肺疾患の軽減に効果的です♪

そしてミネラルをたくさん含んでいますし、特にカルシウム、窒素、鉄分の含有量は
際立って多いですね(^O^)

その他の効能としては解毒剤または血液浄化剤でもあり、
あらゆる皮膚症状にも使われています♪

また、抗腫瘍薬としても広く使われていますよ!

ではなぜ、「バストアップに効果的!」と言われているか?
なんですが、レッドクローバーにはなんと「イソフラボン」が含まれていて、
これは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする!と言われて有名ですね♪

レッドクローバーのエキスが含むイソフラボン量は、
同じイソフラボン効果で有名な大豆と比較しても、
10~20倍の含有量であると言われています…\(^^)/
これはスゴイ量ですねー。

レッドクローバーに含まれるイソフラボンが「フォルモノネチン」「バイオカニンA」
という種類のものでして、大豆に含まれる「ダイゼイン」「ゲニステイン」といったものよりも
吸収率は高く、しかも効率よく効果が発揮できるという風に言われています。

このような作用効果と実績でレッドクローバーは非常に高く評価されて、
アメリカ食品医薬品認可局(FDA)によって、その安全性は、
GRAS(Generally Recognized As Safe/一般に安全と認識されている物質)認定を
受けるほどの水準に達しています(^O^)

この評価からもレッドクローバーの安全性が理解できますね♪

このレッドクローバーを摂取する際のオススメの方法は
ハーブティーにして飲むとよいですよー!!

レッドクローバーティとして摂取するのが一般的ではあります♪

他のハーブと混ぜて飲む!というのもいいかもしれませんね!

レッドクローバーの副作用、注意点は?

最後に…このレッドクローバーの副作用、注意点について書いてみたいと思います!

まず副作用に関しては絶対ない!とは言えませんが、正直そんなに聞かないので、
これといったものはないみたいですね(^^ゞ

それよりも注意点としてレッドクローバーは先ほど述べたように
女性ホルモンと似た作用を持つので、女性ホルモンのバランスが崩れやすい
妊娠中や授乳中に過剰摂取は要注意です!

また、ホルモン剤や抗ガン剤などの婦人科系疾患の医薬品を服用している場合も
レッドクローバーを摂取する際には医師への相談が推奨されていますので
安易に摂取しないように気をつけましょうね。

そして、血友病患者さんや血液の薄い方も症状が悪化する可能性がありますので
レッドクローバーを定期的に使用するのはやめておきましょう。


以上、レッドクローバーについて効能と副作用、注意点などを書いてみました!

キヨコmamaが付け加えて言っておきたいのは、いくらイソフラボンがそれだけ
量があったとしても、レッドクローバーさえ摂取しておけばバストアップ出来る!
と安易な考えに走るのはやめて下さいねー(^^ゞ

やはり、バストアップは基本的に食事、睡眠、運動をベースにバストケアしていく
ことで始めて可能になってくるので、あくまでも補助的にお考え下さーい!

サプリにしても、クリームにしてもそうですが、「それだけで!」というのは
ちょっと考えとしては甘いですよー(笑)

しっかりとバストのメカニズム、バストアップのメカニズムを知ってケアに
取り組んでいきましょー!!(^O^)

↓バストアップにはリンパトリートメントもしっかりと学んでいる
必要もありますo(^▽^)oそれにはバストアップラボはオススメ!

この度も最後までご愛読ありがとうございました。

今回の記事が少しでもお役に立てましたら、こちらのブログランキングボタンを
押して頂ければ幸いです。

↓ポチッと応援お願いします!

ランキングボタンの応援クリックをありがとうございました。^^

★当ブログ人気レビュー教材ランキング★

スポンサードリンク

記事公開日:2015年5月26日

カテゴリー:バストアップに効果的なもの

2 Responses to “バストアップにレッドクローバー?その効能と副作用は?”

  1. […] 他のハーブと混ぜて飲む!というのもいいかもしれませんね! 出典:http://bust-size-up.in-fo2.com/bust-kouka/redclover.html […]

    • キヨコmama より:

      初めまして!キヨコmamaです。
      コメントありがとうございます(^O^)

      そうですね!他のハーブと混ぜて飲むことで
      別の効果も得れたら一石二鳥♪

      どのハーブと合うかなどの組み合わせも楽しみですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ