スポンサードリンク

キヨコmama購入オススメ!バストケアクリーム「ラシュシュ」

ラシュシュの購入後のレビュー記事一覧はこちら

リンパのつまりと健康なバストの状態について考える!

リンパのつまりとバストの状態

リンパがつまるとバストは一体どのような状態になるのでしょうか~?健康なバストを維持するためにも学んでおいた方が良いですねヽ(*´∀`)ノ


こんばんは!(^O^)キヨコmamaです★

今日はサッカーW杯、日本代表のコートジボワール戦でしたね~♪

本田選手が先制ゴールで勢い出ましたが、残念ながら初戦は黒星!

次は20日にギリシャ戦…ぜひ頑張ってほしいですねo(^▽^)o

さて、今回は「リンパのつまりと健康なバストの状態について考える!」
と題しまして書いてみたいと思います♪

当ブログでもリンパがつまると女性ホルモンの分泌、流れの妨げになる
ということは書いてきました。

リンパの流れを良くすることは胸が大きくなるという意味もありますが、
もう一つ、バストが健康な状態かどうか?という視点もありますので
ぜひ加えて知っておいて頂きたいな~と思います☆彡

バストは柔らかいことが健康であるということ!

まず、バストは当然のことながら「柔らかい」ということが
健康なバストの証拠でもあります!

しかし、バストは「バスト自体が動く」ということがないので
ブラジャーや衣服で長い時間締め付けられているバストは、
筋肉も萎縮するし、血液やリンパ液の循環も悪くなって女性ホルモンのバランスも崩れ、
老廃物の蓄積や脂肪のセルライト化が進んでバストが冷たく硬くなって
しまうということがよくありますヽ(;▽;)ノ

これを当たり前に放置していると、どんどん悪循環でバストは固く冷たいままで
バストアップを目指そうとしてもバストに血流に乗って女性ホルモンが
上手く流れていかないために「難しい」という結論にいたりますm(_ _)m

そう考えると「バストが柔らかく、温かいか?」というのは
バストの状態を知るには一つの指標となりますね\(^o^)/

ですので、まずは健康なバストの状態かどうか?というのをしっかり見ていきましょう!

乳腺やリンパ線のマッサージでバストほぐす!

ではその対策をどうするのか?ということですが、やはりバストの構造上、
脂肪と乳腺とリンパ線でつくられていることを考えて、脂肪が悪循環で
こり固まらないようにバストに直接乳腺&リンパマッサージすると一番良いと思います!

内容としては乳腺を発達させるツボの位置を押して、乳腺をさすり、
円を描くようにバストを刺激するマッサージ方法で、
バストの周辺のリンパの流れを良くする効果もあります!

キヨコmamaもこれはバストに負担がかかり終えた夜に行うのですが、
続けると結構バストが柔らかくなってくるのがよくわかります♪

「いろいろ試したけど…」という方や、「これから!」という方にも
おススメですので、ぜひ覚えておいて下さい( ´艸`)ムププ

頑張ってバストの状態を日々しっかり把握して健全なバストアップを目指しましょう~!
それではまた~ヽ(*´∀`)ノ

この度も最後までご愛読ありがとうございました。

今回の記事が少しでもお役に立てましたら、こちらのブログランキングボタンを
押して頂ければ幸いです。

↓ポチッと応援お願いします!

ランキングボタンの応援クリックをありがとうございました。^^

★当ブログ人気レビュー教材ランキング★

スポンサードリンク

記事公開日:2014年6月15日
最終更新日:2016年4月27日

カテゴリー:胸のリンパマッサージ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ